最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月 2日 (火)

6月1日 祝解禁! 某川その1

やってきました鮎シーズン
友の準備はいまだ済んでいないし
針を巻かねば・・・ 
仕掛けも作らねば・・・・と

準備なしでもできる お手軽鮎つりに出かけてきました。

釣り場に着いたのが15:00です。
いつもいっぱいの駐車場に車が無い、ということは・・・・・・釣れない?

Img_1862

じつは昨年もブログアップはしていないのですが、この川 6月~8月の間で11回の釣行をしているのです。
近くて軽装備なお手軽鮎つりなので気に入っています。
11回トータル1100匹でした。
ほぼ2時間程度で平均100匹となかなかな結果ではあります。

で、荒川水系の毎年の遡上調査を見つめつつ、皮算用をしていたのですが、
ここ5年間では40~90万匹が確認されています。
ところが今年はなんと15万匹で例年の1/3-1/6程度です。
3月の寒さが原因で遡上が遅れているのだろうか?  
それではと、多摩川の遡上数を見てみると
H25年-35万匹 H26年-29万匹 
今年は23万匹で 昨年とも大差は無くてむしろ例年とおりなのです。

とすると荒川水系の遡上が少ない訳は???  です。
そんな貧しい情報を頭に入れて、
今日は去年の1/3程度 つまり30匹程度の釣果を期待しつつ、いつもの場所に入りました。

毎年新聞に出ている多摩川の総遡上数はどのように出しているのかと見てみると、定置網の入網率を5.4%として算出しているようです。
今年は29万匹/5.4%=537万匹となります。
でもこの5.4%はどこからはじき出しているのだろうか?
又不思議が増えてしまいましたが・・・・・・・

居ないだろうと思った釣師は下に2人見えます。

3.9mの渓流硬調に2本針1.5号で始めます。
コイが数匹見えて時々いたずらされますが、鮎の当たりがありません、数分後釣れてきたのはオイカワ。

おかしい、まるで当たりがありません。
1時間が過ぎても0匹 
下で釣りしていた人が近づいてきます。

様子を伺うと、初めて会う人ですがこの川をよく知っていいる様子で、
今年は鮎が上がっていない、先日も5.6cmが数匹で鮎の顔が見えればいいほうだ・・・と
3月始めに遡上した1番仔(もう15-6cmまで育った)がたまに釣れるのだそうだ。
下流で川の浚渫工事をしているので多分その濁りが原因しているのだろうとその人の見立てです。
期待しないほうがいいよと、釣るなら某B川の方がよさそうな模様。

ウ~~~ン  いい思いを期待して、年券も持って、勇んで来たのに 
あっさり裏切られる羽目に・・・・・・。

気を取り直して始めると、今年初めての6cm鮎が釣れてくれました。
その後16cmの一番仔も釣れ、
解禁の今日ではありますが
惨敗で竿を置きましたとさ。

Img_1871

Img_1869

友釣りは どこでいつになるのだろう・・・・????

« 2015年2月 | トップページ | 2015年7月 »