最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 8月26日 遠征-帰着 | トップページ | 8月1日 高原川 »

2016年8月 7日 (日)

7月31日 高原川

やっと、やっとこさの鮎はじめ!!

どうも今年は遠征ができなさそうな予感なので、何とか数釣りできるいつもの川に来てしまいました。
最近人気で、以前の休日の釣り人の数がここ1.2年は平日の人出のようだと宝フィッシングの店主、下流は少し荒れ気味なので上流がいいよ・・・・・・と。
言に従う管理人であります。おとりと年券を仕入れ早速川見とします。
年券を買ったが回収は可能なのかとミミッチイ想いが浮かびますが・・・そこは・・・・・・??
古橋で橋の上から覗き込む人に声をかけます。15cm高の水量で石色はよさそうなのですが
その富山の人は「昨日は濁りがひどく恐ろしいほどの川だった。」と よく見ると少し泥被りのようです。この下にだんだん瀬のいい場所があるのでそこをこの人に薦められ、早速行ってみると、はたしてすばらしい場所です。
P7310005
P7310007
決めました今年の鮎初めはここからと・・・・・
この瀬200m以上はありそうですが、だーれも居ません独り占めです。
1年ぶりの着替えと準備に少々戸惑ってしまいます。
セオリーどおりのまずは瀬肩から始めます。
7:30AM、水温16℃と少し時間が早すぎなんだろうなー
あたりはあるのですがはり掛かりしない・・・・針が合っていない?
ハリスを伸ばしたり針を変えたりで、やっときた1匹は小さなグ程度の手感でした。
ぬめりがあって香りの高いいつものあゆに初対面・・・・・タマリマセン!
徐々に瀬の中に突入しましたが、小さなあたりで、頭周りに刺さっています。3人連れが下に入って行きますが、気を利かせてかなり離れて入っていきます。このくらいな配慮がいいねー,
水温も上がってきたので、同じ瀬を2回転して午前の部は終了。
P7310011
昼もそこそこに移動してぶどう畑を午後の部に宛てようとやってきました。
いつもなら4.5人は入っている場所なのですが今日は見る限り食事中の2人だけのようです。様子を伺うと、この下で20超え程度とのこと・・・
この瀬は空いているのでどうぞやってくださいと薦められてしまう、今日は気分のいい人ばかりのようだ。
ここでも瀬肩から、水温20℃と瀬の芯がいいだろうと始め、のっけから根掛かりかーーーー
ツンツン竿をあおると根掛かりが移動しますーーーーーーーン??前触れも無く掛かっています。なかなか上がらず、タモにおさっまったのは22㎝・・・でかい
時間がいいのか背掛かりで飛んできます。ただ入れ掛かりはありません・・・思い出したころにクと小さな当り、ぐぐぐーーーは無いですね。
13:00から始めて3時間で今日は収めました。寝不足です。
昼に会った2人が上のトロで始めていましたがなかなか釣れなさそうで・・・・・つりながらの釣り談義、この方40代で豊田からわざわざ来ているようで、長良川の釣り人マナーが成っていないと一くさり「特に年寄りのマナーがひどいと・・・・・」なので混んでる長良川には行く気がしないそうだ。
管理人も先行者が居る場合はなるべく声をかけて、入川するように心がけているのですが人が多くなるとそうもいかなくなるのだろうなーーーー
挨拶くらはしましょうよ!!!!
P7310012
結果 午前19匹 午後14匹 計34匹 15cm-22cm

« 8月26日 遠征-帰着 | トップページ | 8月1日 高原川 »

鮎釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578200/64023794

この記事へのトラックバック一覧です: 7月31日 高原川:

« 8月26日 遠征-帰着 | トップページ | 8月1日 高原川 »