最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年8月

2016年8月 7日 (日)

8月3日 ・・・・できず残念

朝の日課を済ますと、高原川は上宝・神岡とも釣りは無理できるのは双六のみで
午後はできるかも・・・・・・・とのことですが諦めました。

P8030056

今回の遠征はこれにて終了。
今回お世話になった宿は、常連の釣り人が多い宿でした。
ここの主人(6年前に故人)がつり好きだったので、釣り人が集まってきたようです。
この主人、94才で亡くなるまで、釣り案内をしたそうで、昔の高原川のことを聞いて見たかったなー・・・・と、
最近、管理人は昔の川の様子、釣りの様子が気になります。
ダムができる以前の川の様子はどうだったのだろう? 
戦後70年たってそのころを知っている人も80代後半になるので、直接聞ける機会は難しいのだろうなー 
なので川で出会うひとに声かけしているこのごろです。

神岡宙ドーム道の駅で新鮮野菜(ここ朝7:00~で地元の人相手がメインのようで安いです)をどっさり手に入れ帰路に着きまいたとさ

8月2日 神通川

朝 目覚めて宝フィッシングのブログチェックが日課になっています。
昨日平湯上流で豪雨があって土砂崩れが発生し、川は泥にごりで50cm高水とのこと
旅館の窓を開けて見た川は泥にごり、
だめだーこりゃ、早速入れる川はと・・・・・・・・・チェックします。
”ふなさきおとり”で・・・・・・年券¥9,000- 日釣券¥3,000- ・・・・悩む管理人

年券をチョイスです(回収できるのか?・・・・)

今回は高原のみで出張してきたので、他川のマニュアルは持ってきていません。
様子を聞くも親父さんがいません、ただ今年のあゆは大きいとのこと。どこに入るか悩みますがかってしった高山鉄橋下を目指します。
今朝41号線から川を覗きながら下って来たのですが、高原は泥にごりで宮川は透明です。
宮川も有りかと思うも、前回のいい印象の無い宮川は今回パスしました。途中ふなさきおとりにtelすると今日は可能だが、明日以降は濁りがはいって無理とのこと、
神通川は1日遅れで影響がでるようだ。

P8020041
P8020042
瀬肩から始めます。水温20℃といい感じなのですが・・・・・なかなか掛かりません。
始めて1時間でやっと飛んできたのは、25cmの幅広の神通鮎、ぬめりが少ないいつもの鮎だ!これをおとりにできない管理人は2号を発射するもこの瀬では掛かりません。
少し上流に移動、おとり3号を瀬の中に、ぐぐぐーーーときて 瀬を登ります。力強い20cmを手に入れ、瀬の芯からポーツポーツ掛かります。
瀬の中から20cmが飛んでくるので、気分はサイコーなのですが数がねーーーー入れ掛かりが無いのでドーパミンは出てきません。すこし物足りないのだけれど、ここで午前は終了
見える範囲で5人程度の釣り人、ちょっと少ないなー つれないのか?

P8020048
P8020052
午後は下の瀬から始めますが・・・・・・・掛かりません。
芯・脇・たるみを引くのですが、当りすらありません。釣れん!

移動気分すらなくなって諦めモード 他に3人見えますが釣れてません。
明日の高原を期待して竿を置きます。

P8020054
結果 午前11匹 午後0匹 計11匹 20cm-25cm

8月1日 高原川

いつもの宿から定時出勤です。
今日も上を目指します。
瀬肩から、今回はかみ飛ばしはしていないなー

P8010031
P8010033

18℃水温なので瀬の芯から飛んできます。
ただ昨日と同じで小さな当りで頭周りの掛かりが多いですね、今日も針がなかなかマッチしていないようだ、とベテランのような口ぶりですが
管理人はまだ解りません、この針はいい・・・・・・と思うほど釣りしていませんから・・・・・・・
瀬を下っていくと。ひとつ下の瀬に1人入っているのが見えます。その方の下に入るのは止めて、やむ終えず300m上の瀬を責めました。
時間が良くなったのか、瀬の芯で背掛かりで釣れて来ます。
やっと鮎釣りらしくなってきました。
瀬のちょうど中ごろ、この瀬では一番と見える・・・・が??

P8010035

そーです見立て通りに、ここで5連で掛かりました。
気分爽快!!

昼食後動くのが面倒なので下の瀬をもう一度さらって本日は終了
いつもの宿は今日から貸切のため泊まれず、初めての宿に移動しなければならず、すこし早めの納竿となりました。
P8010036
結果
午前 16匹 午後12匹 計28匹 13cm-19cm


7月31日 高原川

やっと、やっとこさの鮎はじめ!!

どうも今年は遠征ができなさそうな予感なので、何とか数釣りできるいつもの川に来てしまいました。
最近人気で、以前の休日の釣り人の数がここ1.2年は平日の人出のようだと宝フィッシングの店主、下流は少し荒れ気味なので上流がいいよ・・・・・・と。
言に従う管理人であります。おとりと年券を仕入れ早速川見とします。
年券を買ったが回収は可能なのかとミミッチイ想いが浮かびますが・・・そこは・・・・・・??
古橋で橋の上から覗き込む人に声をかけます。15cm高の水量で石色はよさそうなのですが
その富山の人は「昨日は濁りがひどく恐ろしいほどの川だった。」と よく見ると少し泥被りのようです。この下にだんだん瀬のいい場所があるのでそこをこの人に薦められ、早速行ってみると、はたしてすばらしい場所です。
P7310005
P7310007
決めました今年の鮎初めはここからと・・・・・
この瀬200m以上はありそうですが、だーれも居ません独り占めです。
1年ぶりの着替えと準備に少々戸惑ってしまいます。
セオリーどおりのまずは瀬肩から始めます。
7:30AM、水温16℃と少し時間が早すぎなんだろうなー
あたりはあるのですがはり掛かりしない・・・・針が合っていない?
ハリスを伸ばしたり針を変えたりで、やっときた1匹は小さなグ程度の手感でした。
ぬめりがあって香りの高いいつものあゆに初対面・・・・・タマリマセン!
徐々に瀬の中に突入しましたが、小さなあたりで、頭周りに刺さっています。3人連れが下に入って行きますが、気を利かせてかなり離れて入っていきます。このくらいな配慮がいいねー,
水温も上がってきたので、同じ瀬を2回転して午前の部は終了。
P7310011
昼もそこそこに移動してぶどう畑を午後の部に宛てようとやってきました。
いつもなら4.5人は入っている場所なのですが今日は見る限り食事中の2人だけのようです。様子を伺うと、この下で20超え程度とのこと・・・
この瀬は空いているのでどうぞやってくださいと薦められてしまう、今日は気分のいい人ばかりのようだ。
ここでも瀬肩から、水温20℃と瀬の芯がいいだろうと始め、のっけから根掛かりかーーーー
ツンツン竿をあおると根掛かりが移動しますーーーーーーーン??前触れも無く掛かっています。なかなか上がらず、タモにおさっまったのは22㎝・・・でかい
時間がいいのか背掛かりで飛んできます。ただ入れ掛かりはありません・・・思い出したころにクと小さな当り、ぐぐぐーーーは無いですね。
13:00から始めて3時間で今日は収めました。寝不足です。
昼に会った2人が上のトロで始めていましたがなかなか釣れなさそうで・・・・・つりながらの釣り談義、この方40代で豊田からわざわざ来ているようで、長良川の釣り人マナーが成っていないと一くさり「特に年寄りのマナーがひどいと・・・・・」なので混んでる長良川には行く気がしないそうだ。
管理人も先行者が居る場合はなるべく声をかけて、入川するように心がけているのですが人が多くなるとそうもいかなくなるのだろうなーーーー
挨拶くらはしましょうよ!!!!
P7310012
結果 午前19匹 午後14匹 計34匹 15cm-22cm

« 2015年8月 | トップページ | 2016年12月 »